俺様リク様今日もわが道を行く
02 // 2008.03 // 04
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
鎌倉散策 その2



入り口で拝観料を払い、木立ちの中の緩やかな坂道を歩いて建物に向かう時には、
こんなに日が当たっていたのに …



旧前田伯爵家の別邸だったという建物を文学館として使用し、
鎌倉にゆかりのある作家の作品などが紹介されていた。
読んだことがあったり、聞いたりしたことのある多くの作家の名前があった。
風光明媚な鎌倉で執筆活動を行っていた遠い時間に
思いを馳せてみるのもいいかも。

窓枠に近寄り匂いを嗅いだら、昭和の香りがした。

パンフレットで見た庭園のバラが見事だったので、その季節に是非もう一度訪れてみたい。

展示品を見終わって、外に出たら雨が降っていた (TT)
後でゆっくり外観の写真を撮ろうと思っていたんだけど、
玄関出たところでこの写真一枚だけ撮って、カメラはバッグに収納。
はむごんの傘に入れてもらいながら来た道を、
「 このくらいだったら、雨の鎌倉もいいね 」 と言いながら由比ガ浜駅に向かう。




鶴岡八幡宮参道 段葛 の桜が見事よ、と腰越まで隣に座ってらした奥様の言葉に、
楽しみにしてきたんだけど、生憎のどんよりとした曇り空で …
晴れていたらきれいだったのに、と残念に思いながら、八幡様に向かう。





太鼓橋の掛かる池のほとりの桜。
喧騒とは掛け離れた、静寂さを写し出すことができたな。 

なーんちゃって。 (^^)



こんなアングルはどうですか。



今日は、太鼓橋付近から本宮を拝んだだけで、そこから先へは行かなかったけど、
別の機会に、ゆっくり時間を掛けて訪れるとしよう。



段葛の桜を横目に鎌倉彫の店など見つつ、
途中から小町通りに入って鎌倉駅に行き、駅前の喫茶店で休憩。

外に出たら、ポツポツと雨が降っていて、あらあら、小さく雷まで鳴ってるし。
江ノ電鎌倉駅のホームに入ってしばらくして、外が真っ暗になって来たなあと思ったら、
雷鳴とともに、バケツの水を引っ繰り返したような、叩きつけるような、大粒の雨が …

楽しみな計画の約束をして途中駅でお別れ。

雨に降られたといっても、大して濡れることもなく、
概ね好天の中、楽しいひと時を過ごすことができた。

へなかあ地方に戻ったら、こっちじゃ雨が降った形跡すらなかった。



スポンサーサイト
【2008.03.28 (Fri)】 日記
鎌倉散策 その1

江ノ島鎌倉フリーパスを使って、桜満開の鎌倉散策 With はむごん。


青空の下でおべんと食べよ、とデパ地下で弁当を物色中、はむごんが呟いた。
「そういえば、生しらす、解禁になったんだよなあ」
なんですと!弁当選んでる場合じゃないってっ!生しらす食べよ、生しらすっ!

何年振りかの江ノ電に乗り込み、移り変わる窓の外の景色と、
とりとめないおしゃべりを楽しみながら、最初の目的物 しらす を目指す。 (笑)

腰越で下車し、はむごん父に教えてもらった、おいしいと評判の店に急ぐが、
混むよ並ぶよと言われたとおり、すでに店の前には順番を待つ人々が。
暑いくらいの日差しの中、店の前に置かれたベンチに腰掛けまったり待つ。
ゆっくりする店ではないので、ほどなくして私達の名前が呼ばれ店の中へ。
生と釜揚げ半々の二色丼を頂く。

初めて食べる生しらす、うまっ!!
釜揚げもほんのり塩味で、うま~い!( 太一風 )


満足満足とお腹も膨れたところで、さあ、鎌倉散策に出発するとしますか。



腰越から江ノ電に乗り、極楽寺へ。

ひっそりと静かに佇むといった言葉がピッタリの極楽寺境内は、
撮影禁止だったので写真はないけど、
八重一重咲き分け桜を始め、満開の桜が見事だった。

極楽寺から少し歩いたところにある成就院の階段を登ると、
眼下に海が広がり思わず声をあげる。



あじさいがきれいなことで知られるらしく、その頃に来るといいかも知れないね。


いくつかの寺や神社を外から眺めつつ住宅街を抜け、長谷寺へ。



山門を入ってすぐの枝垂桜。
写真を撮る人、撮られる人で溢れかえっていた。



桜のピンクが青い空に映えて、ホントにきれい。



展望台のようになっているところに上ると、ここからも湘南の海が。
階段を上って汗ばんだ体に吹き抜ける風が気持ちよかったなあ。






本堂横の、木瓜に桜。






名前も知らない、初めて見るような花が咲いていた。
花はつつじに似ているけど、なんて花なんだろうなあ。



池には立派な鯉が。



その池のほとりには、二色の花をつけた木瓜。


古い建物や、店が立ち並ぶ狭い道を大仏へ。
人も車も増えてきたね。



組んだ両手がちゃんと写ってなかったよう (TT)
立ち止まって、じっくりゆっくり大仏を見たのは、初めてだなあ。



周りの景色も楽しみつつ大仏を後にし、鎌倉文学館を目指す。



その途中、パッと目に入った 鎌倉ジェラード の文字に引き寄せられるように店内へ (笑)
暑いくらいの陽気で喉が渇いていたからねえ、冷たいもの、食べたいじゃん。
窓の外を行き交う人々を目にしながら、私は枝豆、はむごんはカシス ( だったかしら… ) を。


パッと振り返ると、大仏さんの頭の上には何やら黒い雲が …
家に帰るまで雨降らないでよね、と思いながら道を急ぐ。

その2へ続く。




【2008.03.28 (Fri)】 日記
無題



かあちゃん僕に 「 リクちんや、サクサク歩いてくださいよ 」 って先を急がせるくせに、
桜の木の下で、のんびりな感じで写真なんか撮っていていいの?




どこからか、ただいまリク、って帰って来たのは夜の7時半を過ぎてたよ。
お利口でお留守番してたんだから、
その分、これからたっぷり遊んでもらいますよ、かあちゃん。


【2008.03.28 (Fri)】
| BLOG TOP | aaaaaa
 
  CATEGORY  ▲


  RECENT ENTRIES  ▲


  RECENT COMMENTS  ▲


  RECENT TRACKBACKS  ▲


  MONTHLY ARCHIVES  ▲


  LINKS  ▲

  blog pet  ▲



  SEARCH THIS SITE  ▲
  MY PROFILE  ▲
へなかあ
  • へなかあ
  • コーギー犬「リク」と
       へなかあの日記
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
Copyright © 2005 RIKU'S HOUSE All Rights Reserved. 【 / 】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。